土地を売る

土地を売る方法や注意点、高く早く売るためのコツなどをFPで不動産資格(宅建士)の視点からも紹介しています。



→ イエウールの無料一括査定なら複数見積もりで高く売れる!

土地を売る方法

土地を売る方法

土地を売る方法は不動産屋に依頼するのが一般的で、その他には買い取り業者に売るという手もあります。

 

もし、少しでも高く売るなら不動産屋に依頼するべきで、スピードを求めるなら買取業者を選ぶのがベストです。

 

ただし、まずは高く売れる確率がある不動産屋に声をかけて、すぐに買ってくれる人がいないかを確かめるのが先決です。

 

その際、どこの不動産屋を選ぶかによって、売れる金額や売れるまでの期間に大きく影響が出るので「選び方」に注意が必要です。

土地を売るには不動産屋選びが重要

土地を売るには不動産屋選びが何よりも重要です。

特に、不動産屋の名前や知名度や立地で選ぶと失敗する可能性が大きく、これは私も失敗しているので間違いありません。

 

というのも、あなたの土地を売ってもらうのに適した不動産屋は「査定」をもらってみないとどこがベストな業者か分からないからです。

>> 私が必ず使う一括査定がこちら

あなたの土地にベストな不動産屋とは?

あなたの土地にベストな不動産屋

ベストな不動産屋というのは、あなたの土地に惚れ込んでくれるお客さんを抱えた不動産屋ということになります。

 

あなたの土地と他の土地には2つと同じものはありません、例えば、立地・面積・その土地からの景色・建築制限・騒音環境などいろいろです。

 

土地探しをしているお客さんがあなたの土地の何かしらの条件を気に入ってくれれば高い値段ですぐに売れることも珍しくはありません。

反対に、気に入ってくれないお客さんに売るとなれば、値下げをしても難しいくらいです。


 

でも「ベストな不動産屋」を探すには、複数の不動産業者から査定をもらってみれば簡単に相手が見つかります。

なぜなら、集まった査定のなかで最高値の査定額をつけてくれた業者に売却を依頼すれば、自ずと気に入ってくれたお客さんに売れやすくなるからです。

 

そこで欠かせないのがネット上で簡単に査定をもらうことができる一括査定です。

私や大家仲間が必ず使う一括査定

土地を売る 一括査定

一括査定には、いちいち家に来られる「訪問査定」と、家を見せずに査定がもらえる「机上査定」の2タイプがあります。

 

特に、机上査定なら遠く離れた土地など立会いが難しい場合でも、PCやスマホから情報を入力するだけで査定を出してもらえるので便利なんです。

 

例えば、東京にいながら鹿児島や北海道の土地の査定を集められるというわけです。

机上査定なら→イエウールは日本最大級の規模・お客様満足度92%

土地を売る 税金

土地を売る場合に避けられないのが税金と必要書類になります。まず、自分で買った土地を売った場合ですが普通は課税される人はまず存在しません。

 

なぜなら、土地に課税される場合には「売却益」が出ないとかからないからです。

 

つまり、土地を購入した時よりも売る時の方が値上がりをしていないと課税対象にならないというわけです。今の日本だと東京のなかでも限られた場所でしか土地の値上がりで課税される人はまずいないと思います。

>> 私が必ず使う一括査定がこちら

土地を売る 必要書類について

土地を売る際の必要書類には以下のようなものがあります。

  • 権利書 (登記済権利書または登記識別情報のこと)
  • 固定資産税納税通知書および固定資産税評価証明書
  • 土地測量図・境界確認書
  • 身分証明書
  • 印鑑証明書(実印も)
  • 住民票

見慣れない書類が多くて困惑されるかもしれませんが大丈夫です。通常、不動産屋の営業マンが土地売却に必要な書類が分かるように一覧表をくれます。

 

今まで私がもらった一覧表は、営業マンが作ったもので書類名とチェック欄がついたものが多かったです。それを見ながら1つづつ揃えて、チェックをつけていけば抜かりなく揃えることができます。

 

また、役所でもらう書類などもどこに行けばもらえるか?なども詳しく教えてくれます。また、どうしても分からない場合には、役所で待ち合わせをして一緒に書類をもらう申請手続きに付き合ってくれることもあります。

営業マンからすれば売れることで利益になるので、喜んで役所に来てくれたりしますよ。

>> 私が必ず使う一括査定がこちら

土地を売る 手続き

土地を売る手続きは、登記の移転など面倒な法的書類などがありますが、実際にはあなたがそれらの手続きをしたり、司法書士などを手配する必要はありません。

 

売却を依頼した不動産屋さんが全ての手続きの手配をしてくれるのが普通だからです。

その方が、不動産屋さんからしても売買契約にトラブルが発生しづらいので頼まなくても「うちが手配してもOKでしょうか?」と提案をしてくれるくらいですよ。

 

ちなみに、ローンが残ってる土地・建物の場合には、土地に抵当権がついてることも多いですが、その場合も、銀行へのローンの残りを払うと同時に抵当権の抹消手続きということもやってもらえます。

抵当権の抹消手続きをしてから、次に購入してくれる買い主さんの名義に登記をしなおす必要があるからです。

>> 私が必ず使う一括査定がこちら